人の集まるところに欠かせないのぼり旗は、最近は1本からでもオリジナルデザインのものを作ることが出来るようになっています。

プリンターで直接、のぼり旗に印刷をしていって熱で生地に定着させていく方法なので、グラデーションのついたデザインでものぼり旗に印刷していくことが出来ます。

はっきりしたデザインももちろんのぼり旗のデザインにできますが、いろいろなアイデアでのぼり旗を少ない枚数から作ることが出来て自由度が高くなっています。

ですからのぼり旗を使うシーンも増えています、選挙用に候補者の顔が入ったのぼり旗を見かけることも多くなっています。

スポーツの応援でも、屋外の大会ならのぼり旗が、室内の大会なら横断幕というふうに用途に合わせて作り替えるのも普通です。

そういったことが出来るのも少ない枚数から安い値段で作ることが出来るからでしょう。